HOME>特集>自分の実力にあった授業内容とめざす目標に近づける学び舎を見つける

まずは学校の仕組みと内容をチェックする

ペンタブレット

グラフィックデザインの専門学校を選ぶ際に、まずチェックしたいのはカリキュラムです。授業の内容を知ることはとても重要です。デザイナーをめざす人が入る学校だから、当然、基礎から教えてくれるだろうと決めつけて入学するのは禁物です。たしかにデッサンやレイアウトなど基本的なところから教えてくれる専門学校もあります。しかし、そうした基礎知識はあるものとして演習や作品作りをメインにカリキュラムが組まれているところもあります。自分の現在の実力と照らして、継続して学べそうな学校を探しましょう。また、授業料についても支払い方法等をよく調べることが大切です。

評判の学校にはそれなりのメリットがある

デザイナー

グラフィックデザイン専門学校の評判は、ある程度参考にして良い情報です。生徒数が多く、何年も高評価が衰えないということは、やはり授業内容の質が高く満足の行く学習が行えている表れだからです。ネットの口コミサイトなども細かく調べて、通学している生徒の率直な感想を知ることも重要です。他人の評価だけでは不安だと言う人は、その学校に在籍している講師陣をチェックしてみるのも1つの方法です。現役あるいは元デザイナーとして活躍している人が少しでも多いところを選べば、生きたノウハウを学べる可能性が高くなります。さらに、技術を身につけたらプロになろうと決めている人は、その学校の就職斡旋状況について調べてみるのも良いでしょう。卒業生の中に有名なデザイン関連会社に勤めている人が多ければ、それだけサポートも充実していると考えられます。