トータルビューティ 専門学校で目指せる職業

トータルビューティー専門学校で目指せる職業はエステティシャンやネイリスト、美容師、ビューティーアドバイザーなど多岐にわたります。

トータルビューティ 専門学校で得られる資格

ネイリスト技能検定1・2・3 級

ネイリストを目指すなら取得しておきたいネイリスト技能検定は、トータルビューティー専門学校で取得可能です。

ネイルサロン衛生管理士

将来、ネイルサロンを開業したいのであればネイルサロン衛生管理士をトータルビューティー専門学校で取得可能です。

AEA上級認定エステティシャン

AEA上級認定エステティシャンもトータルビューティー専門学校で学ぶことによって取得可能です。

JESCメイクアップアーティスト検定

メイク関連の職種に就くのであれば、JESC メイクアップアーティスト検定もトータルビューティー専門学校で取得可能です。

ファッション販売能力検定

ファッションやアパレル関連の職種に就くのであれば取得しておきたいファッション販売能力検定もトータルビューティー専門学校で取得可能です。

スタイリストに求められるスキル

メイクをする女性

今やスタイリストには様々なスキルが求められる時代になりました。例えば、ヘアサロンを開業する場合においても、カットやパーマ、それにカラーリングの技術だけでは十分とは言えません。着付けやネイルなどのサービスに対する需要が高まっていることから、専門学校ではトータルビューティーを学べる環境を整えています。美容専門学校で学ぶことで、トータルビューティーの知識やスキルを身につけることができます。もともと美容師国家資格を取得することを第一目標にしていた美容専門学校でも、最近ではカリキュラムの充実により進路先の選択肢が格段に増えました。美容師国家資格を取得しても、エステティシャンやネイリストとして活躍している卒業生も多いです。また、ヘアサロンでは着付けの需要が高いことから、専門学校で学んだ着付けの知識を活かして働くことも可能です。専門性の高いトータルビューティーを学ぶことが、将来の選択肢を広げることにつながっています。

オープンキャンパスの個別相談を利用

メイクアップ

将来的に美容に関わる仕事に就きたいと考えているのであれば、オープンキャンパスの個別相談会を利用します。そこでは、専門学校で学べる授業に関する説明や、取得できる資格について知ることができます。具体的な目標が決まっていなくても、トータルビューティーを学びたいという方向性だけが決まっていれば、オープンキャンパスで有益な情報を得ることが出来るのです。また、オープンキャンパスに参加をすることでAO入試にエントリーをする資格を得ることができます。将来的な目標が明確であり、すでに入学したい専門学校が決まっているのであれば、AO入試にエントリーをすることで入学をある程度確実なものにすることができるというメリットがあります。